マスターコントロール

メイン画面下部チューニング領域の「マスターコントロール」タブにて、読み上げ時の各種音声効果やポーズの設定を行います。
Tuning

音声効果

_images/Tuning_Effect.png
音声効果には音量、話速、高さ、抑揚の 4 種類があります。音声効果の値を変更するには、数値が表示されているテキストボックスに直接値を入力するか、スライダーをマウスで操作します。各項目のタイトル(「音量」、「話速」など)を押下すると、各値が初期値に戻されます。
  • 音量
    テキストを読み上げる音量を 0.00倍 ~ 5.00倍 の範囲で指定します。初期値は 1.00倍 です。
  • 話速
    テキストを読み上げるスピードを 0.50倍 ~ 4.00倍 の範囲で指定します。初期値は 1.00倍 です。
    ※ 環境設定の「音声効果値の入力範囲拡張」を有効にすることで、0.10倍 ~ 5.00倍 の範囲で指定できるようになります。
  • 高さ
    テキストを読み上げる声の高さを 0.50倍 ~ 2.00倍 の範囲で指定します。初期値は 1.00倍 です。
    ※ 環境設定の「音声効果値の入力範囲拡張」を有効にすることで、0.10倍 ~ 5.00倍 の範囲で指定できるようになります。
  • 抑揚
    テキストを読み上げる声の高さの幅を 0.00 ~ 2.00 の範囲で指定します。値を小さくするほど声の高さに幅がなくなるため、ロボットのような抑揚のない声になります。反対に値を大きくするほど声の高さに幅が出るため、抑揚の付いた大げさな声に聞こえます。初期値は 1.00 です。
    ※ 環境設定の「音声効果値の入力範囲拡張」を有効にすることで、0.00倍 ~ 5.00倍 の範囲で指定できるようになります。

ポーズの長さ

_images/Tuning_Pause.png
  • 短ポーズ
    文中のごく短い区切りに挿入されるポーズです。文中短ポーズが挿入される場所は文脈に依存します。80 ~ 500 ミリ秒の範囲で設定することができますが、文中長ポーズより長くすることはできません。初期値は 150 ミリ秒です。
    ボイスプリセットの「ポーズの長さ」が有効になっている場合、本設定値は無効・操作不可となります。
  • 長ポーズ
    文中短ポーズと同様に文中に挿入されるポーズですが、読点のように文中で明確に間を置く必要がある場合は、文中長ポーズが挿入されます。100 ~ 2000 ミリ秒の範囲で設定することができますが、文中短ポーズより短くすることおよび文末ポーズより長くすることはできません。初期値は 370 ミリ秒です。
    ボイスプリセットの「ポーズの長さ」が有効になっている場合、本設定値は無効・操作不可となります。
  • 文末ポーズ
    文末に挿入されるポーズです。合成するテキスト全体の末尾には挿入されません。テキスト全体の末尾には終了ポーズが挿入されます。200 ~ 10000 ミリ秒(10 秒)の範囲で設定することができますが、文中長ポーズより短くすることはできません。初期値は 800 ミリ秒です。

記号ポーズ

_images/Tuning_Symbol.png

A.I.VOICE Editor では任意の記号に対してポーズ長を割り当てることができます。ポーズ長を割り当てられた記号を入力テキストに挿入すると、音声合成時にポーズが挿入されます。

  • 新規作成
    記号ポーズ一覧下部の「新規」ボタンを押下すると、記号ポーズの新規作成画面が表示されます。
    Tuning_Symbol_New
    「見出し」に任意の記号を入力し、「ポーズの長さ」を設定して「OK」ボタンを押下すると記号ポーズ辞書に登録されます。
  • 変更
    記号ポーズ一覧で項目を選択して「編集」ボタンを押下すると、記号ポーズの変更画面が表示されます。
    Tuning_Symbol_Edit
    「見出し」、「ポーズの長さ」を変更して「OK」ボタンを押下すると記号ポーズ辞書に登録されます。
    ※ 「見出し」を変更した場合、元の見出しの項目は削除され、新しい「見出し」の項目が追加されます。
  • 削除
    記号ポーズ一覧で項目を選択して「削除」ボタンを押下すると、選択されている項目が記号ポーズ辞書から削除されます。